ポニーキャニオン

初恋ロスタイム

2020年2月5日 Blu-ray・DVD発売

「時が止まった世界で、最初で最後の恋をした」
1日1時間、時がストップした中で出会った2人のせつない初恋ラブストーリー

[ 発売元 ] ポニーキャニオン
[ 販売元 ] ポニーキャニオン
ⓒ2019「初恋ロスタイム」製作委員会

Blu-ray[2枚組:本編Blu-ray+特典DVD]

PCXP.50728 / ¥5,700(本体)+税

[映像特典](特典DVD収録)
・予告編集
・イベント映像集
・インタビュー映像集
[音声特典]
板垣瑞生×吉柳咲良×竹内涼真 オーディオコメンタリー

※ジャケット写真、仕様、特典内容等は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

収録分数:154分予定(本編:104分+特典映像:50分)
[音声]
●本編DISC
 オリジナル(日本語)dts-HD Master Audio 5.1chサラウンド
 オリジナル(日本語)dts-HD Master Audio 2.0chステレオ
 コメンタリー(日本語)dts-HD Master Audio 2.0chステレオ
●特典DISC
 オリジナル(日本語)DOLBY DIGITAL 2.0chステレオ

DVD[2枚組:本編DVD+特典DVD]

PCBP.54070 / ¥4,800(本体)+税

[映像特典](特典DVD収録)
・予告編集
・イベント映像集
・インタビュー映像集
[音声特典]
板垣瑞生×吉柳咲良×竹内涼真 オーディオコメンタリー

※ジャケット写真、仕様、特典内容等は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

収録分数:154分予定(本編:104分+特典映像:50分)
[音声]
●本編DISC
 オリジナル(日本語)DOLBY DIGITAL 5.1chサラウンド
 オリジナル(日本語)DOLBY DIGITAL 2.0chステレオ
 コメンタリー(日本語)DOLBY DIGITAL 2.0chステレオ
●特典DISC
 オリジナル(日本語)DOLBY DIGITAL 2.0chステレオ

[ ご利用方法はこちら ]

[ コメント ]

板垣瑞生(M!LK)/相葉孝司 役 コメント

頑張っていたり一生懸命だったりする人の姿がどれだけ素敵で価値があるものなのか、愚直にストレートに伝わる作品で、僕自身、本当に大好きな作品です。また、演じている僕も感じるぐらい青春特有の爽快感もすごく感じられる作品だと思います。
初主演作品ということで大変な面もありましたが、この作品が初主演で本当に良かったと思っています。
今回初めてやらせてもらったオーディオコメンタリーでは、最初緊張するかなと思っていましたが、撮影時から仲の良い皆さんと一緒だったので、楽屋での会話の延長戦という雰囲気で、全然緊張せずにできました。コメンタリーの中でも話に出てくると思いますが、僕の「土下座プロポーズ」シーンは必見です(笑)。
劇場でご覧になった方も、DVDで初めてご覧になる方も楽しんでいただける内容になっていると思います。

吉柳咲良/篠宮時音 役 コメント

孝司と時音が自転車の2人乗りで坂道を下るシーンは、沢山練習しましたし、風を切っていく感じがしてとても気持ちよく、私自身「青春だったな」と感じるお気に入りのシーンです。撮影が進むにつれ、スタッフ・キャストの皆さんとのチーム感がどんどん深まっていくように感じて、そういった現場の温かい雰囲気を、特典映像で楽しんでいただけたら嬉しいです。
また、公開までに取材やバラエティ、舞台挨拶など、初めての経験ばかりで緊張していましたが、必ず始まる前に「大丈夫」と声をかけてくださる板垣さん、どの現場でも明るくチームを引っ張ってくださった竹内さんをはじめ、本当に皆さんに助けられていました。公開してからは、本当に沢山の方々から応援の声をいただいて幸せでした。改めて素敵な作品に関わらせていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
「初恋ロスタイム」という作品は、青春や初恋、時間と色んな要素が詰まったお話です。私はまっすぐで前向きな時音という女の子を演じる中で、人が勇気を出して頑張る姿って本当に素敵だなと気が付きました。私自身「時音」という役に何度も背中を押されました。この作品が何か1歩踏み出したいと思っている方の背中を押すきっかけになれば嬉しいです。また、この映画は見るたびに新しい発見があったり、感じるものが違うと思います。1度だけでなく長く沢山の方に愛していただけたらと思います。

竹内涼真/浅見一生 役 コメント

この作品は、僕自身の撮影日数は短かったので、(主演とヒロインの)2人と絡むシーンは限られていたのですが、役者同士が撮影現場で年齢関係なく話し合って、演技やシーンを作り上げていくことの大切さや素晴らしさを感じられた作品です。特に、病室で倒れた時音に駆け寄る孝司を浅見医師が止めるシーンは、板垣くんとしっかり2人で話して演技したシーンで、特に印象に残っています。あと、孝司が一生懸命なあまりにたくさん作ってしまった料理を、時音がいっぱい食べるシーンは、個人的に萌えシーンです(笑)。
音声特典のオーディオコメンタリーでは、気心知れた2人とリラックスしながら収録できたので、すごく楽しかったです。取材だと質問や答えが似てしまうことも多いのですが、コメンタリーだと自分たちから脱線して、作品に因んだプライベートな話や思い出が話せるので、僕自身も2人の話を聞けて楽しかったですし、お客さんにも楽しんでいただけるんじゃないかと思います。
是非、DVDで楽しんでいただけたらと思います。

[ 作品紹介 ]

[ あらすじ ]

「昔ね、時間が止まったことがある」青年医師(竹内涼真)はある夜、かつて自分の身に起こった不思議な現象と、そしてそのときに出会った“大切な人”の存在を思い出していた…。浪人生の相葉孝司(板垣瑞生)は、ある日<自分以外のあらゆるものが突然ぴたりと静止する>という不思議な現象に遭遇する。時刻は12時15分。授業中だった孝司だけがなぜか動くことができた。戸惑いながら街に繰り出すと、自分以外に唯一動ける少女・篠宮時音(吉柳咲良)に出会う。毎日12時15分から1時間だけ起きるその不思議な時間を“ロスタイム”と名付け、一緒に過ごすうちに二人の距離は近づいていく。孝司はかつて医者を目指していたが、母の死をきっかけに、「頑張っても無駄」だと、何事も諦めてしまう様になっていた。だが、無理だと思われることでも最後まで決して諦めない時音に出会い、少しずつ変化していく。「ロスタイムじゃないときも会いたい」と思いをぶつける孝司。しかし、時音は孝司の前から姿を消してしまう。実は彼女には、孝司に言えない大きな“秘密”があった−青年医師がかつて“ロスタイム”で出会った大切な人とは?孝司と時音の恋の行方は…物語は想像もしない<奇跡>へと向かっていく−

[ スタッフキャスト ]

【キャスト】
板垣瑞生 吉柳咲良 / 石橋杏奈 甲本雅裕 / 竹内涼真
【スタッフ】
原作:仁科裕貴「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAKWA刊)
監督:河合勇人  脚本:桑村さや香
主題歌:緑黄色社会「想い人」(ソニー・ミュージックレーベルズ/エピックレコードジャパン)
挿入歌:あいのぼり「1秒の花束」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
企画プロデュース:井上竜太 高木智香  プロデューサー:渡辺 修
撮影:神田 創  照明:丸山和志   録音:山口満大  美術:Yang仁榮  美術ディレクター:横張 聡
装飾:鎌田雅宏  編集:瀧田隆一  VFXスーパーバイザー:平 興史 島崎 章  選曲:長澤佑樹
衣装:遠藤良樹  ヘアメイク:木戸出香  助監督:中西正茂  制作担当:天野佑亮
協賛:SunCrescendo/WORLD+Gym  配給:KADOKAWA  制作プロダクション:ホリプロ  配給:KADOKAWA
製作:「初恋ロスタイム」製作委員会  (C)2019「初恋ロスタイム」製作委員会